AGAの治療でまた生えるまでの期間はどれくらいなの?

AGAの治療でまた生えるまでの期間はどれくらいなの?

AGAの治療でまた生えるまでの期間はどれくらいなの?

 

AGAの治療で生えるまでの期間

 

ダイエットの場合だと、断食のように無茶な方法を実践すれば数日で減量が可能です。ですが、カロリーコントロールと運動というように健康的なダイエット方法では、目標の体重にするまでは長い期間がかかります。

 

 

 

このように目標を達成するまでに長期間かかるとなると、途中で挫折してしまうことも多いですね。では、AGAの治療を行った場合、また生えるまでの期間はどれくらいかかるのでしょうか。

 

 

 

AGAの治療は病院で行いますから、通院も必要になりますし費用もそれなりにかかります。

 

 

 

ですので、いつまで続ければ良いという目安がなければ、いくら薄毛を治したい気持ちがあっても治療を続けるのは難しいかもしれません。

 

 

 

もちろんAGAの進行状況や原因によって、生えるまでの期間は違ってきます。ですが目安となる期間はあるので、それを目標にしてみましょう。

 

 

 

目安となる期間は、最短で6ヶ月と言われています。そんなに長く、と思うかもしれませんが、これだけ時間がかかるのは薄毛になる理由と髪が成長するメカニズムが関係しています。

 

毛周期のサイクル

 

髪の毛は、成長期と退行期、休止期という毛周期のサイクルによって成長したり抜けたりします。毛周期が正常に行われることで健康な髪は成長し、役目を終えた髪は自然と抜け落ち、また新たに再生されているのです。

 

 

 

しかし、このサイクルを崩すホルモンがあります。それがジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼによってテストステロンが変性することで生成されます。

 

 

 

ジヒドロテストステロンが大量に作られると、皮脂の分泌が過剰になって頭皮環境が悪化します。さらに髪の毛の成長期を短くして休止期を長くする、というヘアサイクルを乱す作用も持っています。そのため、ジヒドロテストステロンが過剰生成されると、AGAが発症するのですね。

 

AGAの治療でまた生えるまでの期間はどれくらいなの?

 

ヘアサイクルは3年から5年の周期で行われていて、休止期から成長期までの期間は3ヶ月から半年と言われています。AGAの治療では、ジヒドロテストステロンの生成を抑えたり、血行を促進して髪の成長を促します。

 

 

 

つまり、休止期を短くするのがAGA治療となるのですが、正常なヘアサイクルでも最低3ヶ月は休止期の状態が続きます。

 

 

 

その後成長が始まったとしても、毛乳頭細胞の分裂で一気に数cmも髪が伸びることはありません。ですので、AGA治療を行ったとしても、また生えてくるまでには約6ヶ月はかかるのですね。

 

 

 

AGA治療には近道はありません。しかし時間はかかってもゴールは見えてきますから、焦らず続けることが大事なのです。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療