AGAに直接効果がある薬にはどんな副作用があるの?

AGAに直接効果がある薬にはどんな副作用があるの?

AGAに直接効果がある薬にはどんな副作用があるの?

 

AGA治療薬の副作用

 

AGA治療では、直接効果がある薬を使用します。この薬は厚生労働省にもその効果が認められていて、クリニックなどで処方をしてもらうことができます。

 

 

 

ただし、効果が高いだけに副作用があるので、どのような症状が出る可能性があるのかしっかりチェックしておきましょう。

 

 

 

AGAの治療薬はいろいろな種類がありますから、副作用も薬によって異なります。特に重篤ではない副作用だと、倦怠感や頭痛、頭皮のかゆみなどが起こることがあります。

 

 

 

しかしこういった副作用は一時的なもので、ある程度薬に慣れれば出なくなりますから、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

 

AGAに直接効果がある薬にはどんな副作用があるの?

 

それよりもっと深刻なのが、男性の性活動に影響する副作用です。もっとも効果があるといわれる治療薬には、性欲減退や精子の減少、勃起不全などの副作用があると言われています。

 

 

 

使用する人のライフステージによって深刻度は違いますが、性機能に障害が出るのは困りますね。と言っても、性機能障害も一時的なことが多く、日常生活に支障をきたすことは特にないでしょう。

 

 

 

それよりも怖いのは、肝機能障害です。発症例は少ないものの、肝機能障害は生命維持活動に支障をきたす可能性がありますから注意が必要です。

 

 

 

ですので薬の使用を続ける中で、内臓機能に異常を感じたり、体調不良などが起こったらすぐに医師に相談してください。

 

医師の処方された治療薬を使いましょう

 

このような副作用を見ると、AGA治療薬を使うことに不安を覚える方もいるでしょう。確かに副作用は怖いですし、安全に治療を続けるためにも注意しなくてはいけません。

 

 

 

ですが結果的なことから言うと、副作用の発症率は極めて低く、あくまでも注意喚起というものでしかないのです。

 

 

 

そもそも、治療薬を処方する場合は、医師が体の状態や過去の病歴なども含めしっかり診察や問診を行います。その上で問題ないとなった人にだけ治療薬が処方されるので、基本的に副作用が起こることはないのですね。

 

 

それなのにAGA治療薬の副作用のことが必ず話題に上るのは、個人輸入で服用する人がいるからです。海外の治療薬は、フィナステリドなどの有効成分が、日本の薬事法で決められている量よりも多く配合されています。

 

 

 

また、診察なども受けず服用しますから、健康状態が悪いと副作用が出ることがあるのですね。つまりクリニックできちんと医師の診察を受けて処方された治療薬であれば、副作用のリスクはほとんどないと言えるのです。

 

 

 

AGA治療は長く続くので、費用を抑えるために個人輸入を検討する方もいるでしょう。ですがそのせいで副作用が出てしまったら治療ができなくなるので、必ずクリニックで正しい治療を行ってください。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療