AGA治療薬は個人輸入することが可能?その注意点とは

AGA治療薬は個人輸入することが可能?その注意点とは

AGA治療薬は個人輸入することが可能?その注意点とは

 

AGA治療薬の個人輸入

 

AGA治療薬は、AGA治療の専門クリニックで処方してもらうのが基本です。しかし医療機関で処方してもらうと費用が高くなってしまうので、低価格で購入できる個人輸入を利用している方も少なくありません。

 

 

 

確かに費用を抑えられるのは魅力かもしれませんが、薬の個人輸入にはリスクも伴うので、注意点を理解した上で検討してください。

 

 

 

日本では、薬事法の関係で有効成分の濃度が高いAGA治療薬は、医療機関での処方が必要です。忙しい毎日の中では、薄毛治療のためにクリニックに行く時間を取る、というのは難しいかもしれません。

 

 

 

AGA治療薬は個人輸入することが可能で、ネットからワンクリックで購入できますから、クリニックに行く時間もかかる費用も節約できます。

 

 

 

また、海外の治療薬であれば日本で決められている濃度は関係ないので、より高濃度の有効成分が入った薬を使うことができます。

 

AGA治療薬は個人輸入することが可能?その注意点とは

 

ただし、いくら効果が期待できるといっても安全とは言えません。薬事法で濃度が決められているのは、その濃度であれば副作用のリスクを軽減できるからです。

 

 

 

安全性が日本で確認されていない海外のAGA治療薬を使ったら、どのような副作用が出るか分かりません。

 

 

 

いくら髪の毛が生えてきても、重篤な副作用で健康状態に影響が出るのは困りますね。また個人輸入のAGA治療薬は、副作用が起こった場合すべて自己責任になります。

 

 

 

日本国内で処方された薬であれば、医薬品副作用被害救済制度が適用されます。しかし自己判断で個人輸入をした薬に関しては適用されないので、こういった点でもリスクが高いと言えるでしょう。

 

薬の品質

 

そして、もう一つ注意したいのが薬の品質です。海外の製薬会社と日本の製薬会社は、衛生面や製法、これらの規定などがまったく違います。

 

 

 

英語に精通している方なら確認できるかもしれませんが、その薬がどのような工場で作られているのかは確かめるのが難しいですね。

 

 

 

そのためリーズナブルな薬だと低品質のものもありますし、品質が安定していないものもあります。さらに怖いのは、海外製品の場合だと偽物の可能性もあることです。

 

 

 

偽物の薬にはどのような成分が使われているか分かりませんから、副作用に関しても重篤な症状が発症する可能性があります。

 

 

 

もともと、AGA治療薬の有効成分には副作用のリスクがあると言われています。そのため医師の診断のもと、正しい用法用量で服用もしくは塗布しなくてはいけないのです。

 

 

 

それを個人輸入で購入するのですから、副作用を発症する危険が高いことを理解しておきましょう。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療