AGA育毛剤に含むフケやかゆみを防ぐ殺菌成分について

AGA育毛剤に含むフケやかゆみを防ぐ殺菌成分について

AGA育毛剤に含むフケやかゆみを防ぐ殺菌成分について

 

フケやかゆみを防ぐ殺菌成分

 

フケは頭皮のターンオーバーによって発生するものですから、多少であれば目についても問題ありません。また、かゆみも皮脂の分泌量がちょっと増えていたり、刺激を受けることで発生することがあります。

 

 

 

ですが、明らかにフケの量が多かったりかゆみが慢性化しているとAGAを促進してしまうので、AGA育毛剤の殺菌成分で改善していきましょう。

 

 

 

フケは頭皮の乾燥やターンオーバーの乱れによって増えることがあります。しかしAGAの方や男性の場合だと、皮脂の分泌量が過剰になって雑菌が増殖することが多いと言われています。

 

 

 

皮脂が過剰分泌されると、皮脂を餌にしているマラセチア菌が異常繁殖します。マラセチア菌は皮膚の常在菌の一種ですから、どんな人にも存在しているので、皮脂が増えると誰でも異常繁殖を起こすリスクがあります。

 

 

 

この菌が分泌する代謝物が頭皮に蓄積すると、刺激を受けて炎症が起こります。頭皮に炎症が起こると、皮膚がめくれて剥がれることでフケがたくさん出るようになります。

 

 

 

また、炎症の刺激は強いかゆみも引き起こすので、かきむしることでさらにフケが出るという悪循環が起こるのです。

 

マラセチア菌を除去するための殺菌成分

 

このような状態を改善するには、マラセチア菌を除去するための殺菌成分が必要です。AGA育毛剤には殺菌成分が配合されているものもあるので、特に効果の高い成分を取り入れましょう。

 

 

 

AGA育毛剤に使われる殺菌成分でもっともスタンダードなのが、ヒノキチオールです。ヒノキチオールは天然由来の抽出成分で、最近では安全性の高い天然の防腐剤として化粧品などにも使われています。

 

 

 

ヒノキチオールには殺菌作用だけではなく抗菌作用もあるので、マラセチア菌の増殖を強力に抑える力が期待できます。また、消炎作用もあるので炎症によるかゆみも抑えてくれます。

 

AGA育毛剤に含むフケやかゆみを防ぐ殺菌成分について

 

さらに皮膚浸透作用もありますから、有効成分をしっかり毛根組織に届けて育毛を促す効果も期待できるでしょう。

 

 

 

ヒノキチオールと並んで使われることが多いのが、β-グリチルレチン酸という殺菌成分です。β-グリチルレチン酸は甘草から抽出されるグリチルレチンさんという成分を、加水分解して作られる成分です。

 

 

 

β-グリチルレチン酸にも強力な殺菌作用があるので、頭皮の雑菌の繁殖を抑制するのに効果的です。さらに、雑菌による炎症を抑える抗炎症作用もありますから、かゆみの解消にも役立ってくれます。

 

 

 

殺菌成分は刺激が強いものが多いですが、天然由来の成分であれば安全に使えます。フケやかゆみを改善できれば頭皮環境も育毛出来る状態に整うので、育毛剤を選ぶ時には殺菌成分もチェックしましょう。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療