ストレスによってAGAが悪化するのは本当?その理由とは

ストレスによってAGAが悪化するのは本当?その理由とは

ストレスによってAGAが悪化するのは本当?その理由とは

 

ストレスとAGA

 

AGAの原因の中で、ジヒドロテストステロンの次に影響があるといっても過言ではないのがストレスです。ストレスはあらゆる病気のリスクファクターとなりますが、髪にも多大な影響を与えます。

 

 

 

ストレスを解消しないと治療をしても効果が得にくくなるので、ストレスがAGAを悪化させる理由を把握しておきましょう。

 

ストレス

 

ストレスにはいろいろな種類があります。通勤や仕事の疲れによる肉体的なストレス、人間関係など精神的なストレスはもちろん、化学的ストレスや物理的ストレスもあります。

 

 

 

これだけたくさんの種類があるのですから、現代人がストレスを感じずに生活するのは不可能と言えます。そのストレスがAGAを悪化させるのは、血行不良を引き起こすからです。

 

 

 

人間の体は、ストレスを感じるとそれに対抗するための働きが起こります。その働きを司っているのが自律神経で、ストレスを受けると自律神経が反応して交感神経の働きを活発にします。

 

ストレスによってAGAが悪化するのは本当?その理由とは

 

交感神経は、筋肉を硬直させたり血管の収縮を促して、ストレスによる体へのダメージを防ごうとします。この働き自体は悪いことではありません。

 

 

 

しかしストレスを受け続けて、交感神経がずっと優位な状態になったままだと、副交感神経が優位にならなくなります。副交感神経は、血管を拡張して流れを穏やかにしたり、睡眠を誘って体の疲れを取る役割を持っています。

 

 

 

それが働かないとなると、体の機能は休むことができず負担が大きくなり、どんどん衰えていきます。また、血管の収縮が続くと、血圧が上昇して血流が悪くなってしまうのです。

 

 

 

髪の毛は体内機能が正常に働くことで成長サイクルを維持していますし、血液から栄養を受け取ることで成長します。しかしストレスを解消しない状態が続くと、体内機能の低下や血行不良によって髪が成長できなくなるのです。

 

AGAの直接的な原因

 

AGAの直接的な原因は、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の働きを阻害したり、皮脂を過剰分泌させて頭皮環境を悪化させることです。

 

 

 

それでも、機能が低下せず血液がしっかり栄養を運べばAGAの進行や悪化を防ぐことは可能です。ですがストレスが溜まると、ジヒドロテストステロンの影響が大きくなってしまうのです。

 

 

 

あらゆるストレスを受ける現代人は、ストレスに対して感覚が麻痺しているとも言われています。つまり知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまうため、解消しないまま放置している人が多いのです。

 

 

 

その影響を受けないためにも、リラックスする時間をあえて設けたり、好きなことをしてストレスを発散するようにしましょう。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療