タバコの吸い過ぎによるAGAの悪化・防ぐにはどうしたら良いの?

タバコの吸い過ぎによるAGAの悪化・防ぐにはどうしたら良いの?

タバコの吸い過ぎによるAGAの悪化・防ぐにはどうしたら良いの?

 

タバコとAGA

 

百害あって一利なしと言われるタバコは、健康被害の方がフューチャーされることが多いですね。しかし、実はAGAの悪化にも関係しているのです。タバコの吸い過ぎによるAGAの悪化を防ぐには、どうしたら良いのでしょうか。

 

 

 

毒性の物質が大量に含まれるタバコは、体にあらゆる悪影響を及ぼしますが、髪にはどのような影響があるのか知らない方も多いでしょう。

 

 

 

もっとも大きな影響を与えるのは血行不良です。タバコを吸うと、ニコチンなどの有毒物質が血中に取り込まれます。すると血管の収縮が激しくなって血液の流れるリズムが乱れ、血流が低下してしまうのです。

 

 

 

髪の毛は、血液から酸素や栄養を供給されることで成長します。その血液の流れが悪くなるということは、栄養不足を引き起こして髪の成長が妨げられます。ですのでAGAが悪化する要因となるのですね。

 

タバコを吸うと男性ホルモンが増加する

 

また、タバコを吸うと男性ホルモンが増加するという研究結果が出ています。AGAは男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンが作られることで発症します。

 

 

 

男性ホルモンが増えれば、その分ジヒドロテストステロンの生成量も増えます。いくらAGA治療でジヒドロテストステロンの働きを抑えても、タバコのせいでどんどん増えてしまったら、抑制が追いつきません。これがAGAを悪化させる理由となっているのです。

 

 

 

これだけ見ると、タバコによるAGAの悪化を防ぐには、禁煙をするのが一番良いように思えますね。ですが、禁煙をしたからといってAGAが改善できるわけではないので、そこを勘違いしないようにしましょう。

 

 

 

確かにタバコはAGAを悪化させるリスクを高めます。しかし、AGAの原因はあくまでもジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の働きを低下させたり、頭皮環境を悪化させることです。

 

タバコの吸い過ぎによるAGAの悪化・防ぐにはどうしたら良いの?

 

禁煙をしてもこの状態を改善しなければAGAは解消できません。と言っても禁煙がムダということでもありません。タバコを吸い続ける限り、頭皮の血行不良や男性ホルモンの増加は防ぐことができないのです。

 

 

 

ですので悪化を防ぐには禁煙、もしくは量を減らすことが必要になります。さらにAGAを改善したいという場合は、AGA専門のクリニックでの治療を併せて行いましょう。

 

 

 

ただし、ストレスもAGAを悪化させる要因になります。禁煙をすることで過度のストレスを感じてしまったら、それはそれでAGAが改善できない状態になってしまいます。

 

 

 

ですので最初は無理をせず、少しずつ本数を減らしたり、禁煙外来などでストレスなく禁煙できるようにしてください。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療