AGAと睡眠時間には関係あり?質の高い睡眠で薄毛を治療

AGAと睡眠時間には関係あり?質の高い睡眠で薄毛を治療

AGAと睡眠時間には関係あり?質の高い睡眠で薄毛を治療

 

AGAと睡眠時間

 

忙しい毎日の中では、十分な睡眠を取ることは難しいですね。また、疲労が蓄積していたり寝酒を飲む習慣があったりすると、交感神経が活性化されて質の悪い睡眠になってしまいます。

 

 

 

AGAには睡眠時間や睡眠の質も関わっているので、自分の睡眠を見直して薄毛の改善に役立てて行きましょう。

 

 

 

睡眠がなぜAGAと関係があるのか、その理由は成長ホルモンにあります。成長ホルモンというのは、名前の通りあらゆる組織を成長させるホルモンです。

 

 

 

このホルモンは大人でも分泌されるのですが、大人になったら成長は止まってしまいますね。ですので、大人に分泌される成長ホルモンは、体のあらゆる組織を修復したり再生したりする働きをしています。

 

AGAと睡眠時間には関係あり?質の高い睡眠で薄毛を治療

 

つまり成長ホルモンが細胞を修復、再生してくれるからこそ、人間は健康な体を維持できるのです。もちろん髪の毛も、成長ホルモンの働きによって成長します。

 

 

 

成長ホルモンが毛乳頭細胞の劣化を回復させたり、頭皮のターンオーバーを促したり、毛細血管のダメージを修復したりすることで髪は成長していきます。

 

 

 

ただし、成長ホルモンは生命維持活動に関わる臓器の細胞を優先して修復します。そのため分泌量が減ると、髪の毛の成長に関わる細胞の修復は後回しになってしまうのです。

 

 

 

後回しにされている間もヘアサイクルは活動を続けているので、修復が遅れると、その分抜け毛が増えたり髪の成長が滞ってしまいます。これが薄毛の発症やAGAを進行させる一つの要因となるのですね。

 

髪の毛の成長に関わる成長ホルモンは睡眠中に分泌される

 

髪の毛の成長に関わる成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。というより、眠っているのはもちろん、一番深い眠りの時にしか分泌されないのです。

 

 

 

成長ホルモンの分泌が始まるのは、就寝後30分から3時間ほどの間と言われています。それなら睡眠時間が短くても問題ないと思うかもしれません。

 

 

 

ですが、人間は起きる時間が近づくと眠りが浅くなるため、深い眠りじゃないと分泌されない成長ホルモンは減少してしまうのです。また寝る時間がバラバラという方も要注意です。

 

 

 

不規則な生活で睡眠時間がバラバラだと、睡眠に適した体温調整ができなくなるので眠りの質が低下します。成長ホルモンは、深い眠りで睡眠の質が高い時に分泌のピークを迎えます。

 

 

 

いくら長時間睡眠をとっていても、睡眠の質が悪ければ成長ホルモンは十分に分泌されませんから、結果的に髪の毛が影響受けてしまうのです。

 

 

 

睡眠というのは、とりあえず寝れば良いと思ってしまいますね。しかし睡眠をおざなりにすることがAGAの進行や薄毛を引き起こしてしまうので、自分の睡眠の質を高められるように改善していきましょう。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療