飲酒によってAGAが悪化する?お酒との付き合い方を見直そう

飲酒によってAGAが悪化する?お酒との付き合い方を見直そう

飲酒によってAGAが悪化する?お酒との付き合い方を見直そう

 

飲酒とAGA

 

適度な量のお酒は、血管を拡張して血流を促進したり、ストレスを解消する効果が期待できます。しかし毎日飲酒をしたり、ついつい飲みすぎてしまうという方は、AGAの悪化に注意が必要です。

 

 

 

一見関係なさそうな飲酒と髪の毛ですが、アルコールによって薄毛が起こることがあるので、お酒との付き合い方を見直さなくてはいけませんね。

 

 

 

アルコールを摂取すると、肝臓で分解されてから不要物として尿などに混ざって排出されます。この分解の時には、システインやメチオニンという成分が使われます。

 

 

 

ですのでたくさんお酒を飲めば、その分システインやメチオニンが消費されていきます。実は、この2つの成分はアミノ酸の一種で、髪の毛のタンパク質を構成する成分でもあるのです。

 

 

 

つまりアルコールを大量に摂取したり、毎日摂取したりすると、システインやメチオニンがどんどん消費されてしまうのです。

 

 

 

体にとっては、髪の成長よりもアルコールを分解して排出することが最優先になります。そのため、飲酒によってこれらのアミノ酸が使われると、髪を生成する分が不足してしまうのです。

 

アセトアルデヒド

 

もう一つ、飲酒によってAGAが悪化するのは、アセトアルデヒドという成分が関係しています。アセトアルデヒドは、アルコールを分解するときに作られる有害物質です。

 

 

 

と言っても、普通ならアセトアルデヒドも肝臓で分解されて、酢酸という無害物質に変わるため害を与えることはありません。

 

飲酒によってAGAが悪化する?お酒との付き合い方を見直そう

 

しかし多量のアルコールを摂取してしまうと、分解が間に合わず血液に取り込まれて全身を巡ってしまいます。そして、全身を巡る間にジヒドロテストステロンを増やしてしまうのです。

 

 

 

ジヒドロテストステロンはAGAを引き起こす一番の原因です。それが増加してしまうのですから、飲酒によってAGAが悪化するのは当然と言えるでしょう。

 

糖分

 

またお酒にはたくさんの糖分が含まれています。糖分は脂肪の原料となるため、過剰摂取すると血中の脂肪濃度が高くなります。すると皮脂の分泌量が増えるので、頭皮環境が悪くなります。

 

 

 

頭皮環境が悪化すれば髪が成長しにくくなりますから、これも飲酒がAGAを悪化させる要因となるのですね。このように飲酒というのは、薄毛はもちろんAGAを悪化させる要因をたくさん持っているのです。

 

 

 

もちろん少しお酒を飲むぐらいであればAGAが悪化することはありません。ですので、飲酒の習慣がある人は休肝日を作る、飲みすぎてしまう方は量を少なくするなど工夫が大切です。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療