AGAは食事で治療することも悪化させることも可能なの?

AGAは食事で治療することも悪化させることも可能なの?

AGAは食事で治療することも悪化させることも可能なの?

 

AGAと食事

 

AGA治療というと、薬で改善しようとするのが一般的ですね。確かにAGAには効果が期待できる薬が開発されていますから、薬物療法は一番手軽な方法かもしれません。

 

 

 

しかし、食事も髪の成長に関わっているので、初期段階であれば食事を見直すこともAGA治療につながります。髪の毛は毛乳頭細胞が分裂することで作られますが、分裂するには栄養が必要です。

 

 

 

髪の毛の主な成分はケラチンですが、この成分はアミノ酸などを含んだタンパク質によって作られます。つまりアミノ酸やタンパク質が原料となり、毛乳頭細胞が分裂をして毛幹が作られることで成長していくのです。

 

 

 

そのため、これらの原料が不足していたら、いくら毛乳頭細胞が働こうと頑張っても髪は作られません。ですのでAGA治療のために食事を見直す際には、アミノ酸やタンパク質が十分に摂れているかをチェックしてみましょう。

 

 

 

アミノ酸やタンパク質は肉や魚、卵、乳製品などに豊富に含まれているので、主菜にはこれらの食物を必ず取り入れてください。

 

亜鉛

 

そして、AGAを積極的に改善するために摂取したいのが亜鉛です。亜鉛には、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンを作り出す、5αリダクターゼを抑制する働きがあると言われています。

 

 

 

5αリダクターゼの働きが弱まれば、ジヒドロテストステロンの生成量が減って、毛乳頭細胞の機能を再生することができます。亜鉛は普通の食事で補えますが、AGA治療に活かす場合には含有量の多い食品を意識して摂取しなくてはいけません。

 

AGAは食事で治療することも悪化させることも可能なの?

 

亜鉛の含有量がもっとも多いのは牡蠣ですが、小麦やチーズ類、鯖やいわしなどからも摂れるので、食生活に取り入れていきましょう。

 

AGAによくない食事

 

ただし、薄毛を悪化させるような食事を続けていたら、いくら髪に必要な栄養を摂ってもAGA治療にはなりません。AGAによくないのは、糖分や油分の多い食事、添加物などが多く含まれる加工食品などです。

 

 

 

と言っても、忙しい毎日の中では髪の成長を妨げる成分を調べて食事をするのは現実的ではありませんね。食事で悪化させないようにするもっとも簡単な方法は、ファーストフードやコンビニ食を控えることです。

 

 

 

こういったところの食事は動物性脂肪や添加物が多いため、髪の成長が阻害されるので、意識的に控えるようにするといいでしょう。

 

 

 

AGAには生活習慣が大きく関わっていて、特に栄養を摂取するための食事は内容によって髪の成長に影響を与えます。ですのでAGA治療薬だけに頼るのではなく、食事を見直して、髪を成長させる力を育てることもAGAの治療となるのですね。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療