AGAを治すならどんなリスクがあるの?さまざまな問題点と解決法

AGAを治すならどんなリスクがあるの?さまざまな問題点と解決法

AGAを治すならどんなリスクがあるの?さまざまな問題点と解決法

 

AGA治療のリスク

 

薄毛は見た目的にも恥ずかしいですし、格好良いヘアスタイルにすることもできません。常に自分の頭部が気になって、コンプレックスに感じる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

そんなAGAを治せるならどんなことでもする、と思うかもしれませんが、リスクがあるのも事実なので問題点などを理解しておきましょう。

 

 

 

AGAを治すことでリスクが生じるというのは、あまり認識していない方が多いようです。確かに薄毛を改善できるのですから、治療にはメリットしかないように思えますね。

 

 

 

ですが、AGA治療には薬物療法があり、この薬に使われる成分の副作用というリスクがあるのです。AGAの薬物治療で使われるのは、ミノキシジルとプロペシアが主流になります。

 

 

 

ミノキシジルには、頭皮に炎症が起こったり湿疹がでたり、かゆみが発症するという副作用が報告されています。

 

 

 

また、プロペシアは性機能の低下や勃起不全など男性の性活に関わる副作用が発症するリスクがあります。他にも頭痛や腹痛などが起こったり、眠気や倦怠感などの副作用が起こることもあるようです。

 

ミノキシジルとプロペシア以外は有効成分がない

 

それなら、もっと安全で副作用のリスクがない薬を使えば良いと思いますね。ですがAGAを治す上での問題点は、現在のところではミノキシジルとプロペシア以外は有効成分がないということなのです。

 

 

 

育毛剤などであれば、ノコギリヤシなど天然由来の成分で育毛を促進します。こういった成分は薬効成分ではありませんから、副作用のリスクもなく使うことができます。

 

 

 

その代わり育毛効果は認められていないので、使い続けても効果がない可能性があるのがリスクと言えますね。AGA治療薬は、AGAの改善や発毛効果が認められている反面、副作用のリスクがあります。

 

 

 

しかしこれ以外で有効成分はないので、副作用のリスクがあるとしても使い続けるしかないのが問題点となるのですね。

 

AGAを治すならどんなリスクがあるの?さまざまな問題点と解決法

 

解決法としては、極論を言うとミノキシジルやプロペシアを使用しないことが一番効果的です。と言っても、もちろんこれらの成分を使わなければ治療できないので、本当の解決策にはなりません。

 

 

 

現実的に少しでも副作用のリスクを減らすには、まず必ず医師の処方を受けることです。ミノキシジルやプロペシアは個人輸入でも購入できますが、外国の薬は日本の薬事法とは違う基準で作られています。

 

 

 

そのため個人輸入のAGA治療薬は副作用のリスクが高くなるのです。医師の処方であれば過剰摂取することもありませんし、決められた量を飲んでいれば安心です。

 

 

 

今は個人輸入も手軽にできるので、クリニックに行くのは面倒かもしれません。しかし一番安全な解決法なので、薬は必ず医師の診察を受けて処方してもらいましょう。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療