なぜAGAになってしまうのか?男性ホルモンとの関係について

なぜAGAになってしまうのか?男性ホルモンとの関係について

なぜAGAになってしまうのか?男性ホルモンとの関係について

 

なぜAGAが発症するのか

 

なぜAGAが発症するのかは、医学的にどんどん解明されています。もちろん原因は一つではありませんが、もっとも関与しているのが男性ホルモンだということが分かっています。

 

 

 

男性の体を作る重要な働きを持つ男性ホルモンですが、AGAにはどのように関わっているのでしょうか。

 

 

 

男性ホルモンには、筋肉をたくましくしたり骨格を強化するなど、男性の体をより男性らしくする働きがあります。また、体毛が濃くなるのも男性ホルモンによるものです。

 

 

 

普通なら男性ホルモンはこれらの働き以外に、体に影響を与えることはありません。しかし、5αリダクターゼとアンドロゲンレセプターの感受性の強さが揃うと、薄毛を引き起こす要因となってしまいます。

 

 

 

5αリダクターゼは酵素の一種で、主に前頭部や頭頂部に存在しています。この酵素の働きが活性化すると、男性ホルモンであるテストステロンと結合してジヒドロテストステロンが作られます。

 

なぜAGAになってしまうのか?男性ホルモンとの関係について

 

ジヒドロテストステロンは皮脂の分泌を促進したり、前立腺を肥大させる作用があります。これだけなら薄毛を引き起こすことはないのですが、ジヒドロテストステロンはアンドロゲンレセプターと結びつく習性を持っています。

 

 

 

アンドロゲンレセプターは毛乳頭に存在しているため、ジヒドロテストステロンと結びつくと毛乳頭細胞の働きを弱めてしまうのです。

 

 

 

髪の毛は毛乳頭細胞が分裂することで成長しますから、その働きが弱まれば髪は成長期が短くなり抜け落ちてしまいます。

 

 

 

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンが変性したホルモンです。ですので、男性ホルモンはAGAと深い関係があるといわれるのですね。

 

男性ホルモンを減らそうとするのは、AGAを進行させる原因

 

では、テストステロンの分泌量が減ればジヒドロテストステロンも減り、AGAが改善されるのかというとそうではありません。

 

 

 

ジヒドロテストステロンはテストステロンの働きをサポートする、より活性された男性ホルモンです。そのため、テストステロンの分泌量が減ると、ジヒドロテストステロンがさらに活性化します。

 

 

 

つまり、より毛乳頭細胞への威力が強くなるので、AGAが進行するという悪循環が始まります。ですので安易に男性ホルモンを減らそうとするのは、AGAを進行させる原因となってしまいますから注意しましょう。

 

 

 

基本的にホルモンの分泌量は自分の意志でコントロールできませんし、5αリダクターゼやアンドロゲンレセプターの働きも自分では抑制できません。だからこそ、AGAは専門のクリニックでの治療が必要となるのですね。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療