血行不良だとAGAになりやすくなる?血行と薄毛について

血行不良だとAGAになりやすくなる?血行と薄毛について

血行不良だとAGAになりやすくなる?血行と薄毛について

 

血行と薄毛

 

AGAの原因は男性ホルモンというのが通説ですが、他にも原因はあります。その一つとして挙げられるのが血行不良です。なぜ血液の流れが悪くなるぐらいで薄毛になってしまうのか、AGAになりやすくなるのか、その原因を見ていきましょう。

 

 

 

髪の毛に限らず、人間の体に存在する内臓器官、爪、肌などはすべて栄養を受け取って機能しています。意識して栄養を摂っていないとしても、体は食べ物を分解して必要な栄養を集め、それを血液に乗せて全身へ運びます。

 

 

 

栄養は不足している部分に届けられますが、優先されるのは生命維持活動に関わる臓器です。その次に肌や髪の毛、爪など直接命には関わらない部位に届けられます。

 

 

 

この栄養を受け取ることで、毛乳頭細胞の分裂が活性化し、ヘアサイクルが正常に行われるのです。つまり、栄養が不足すると髪の成長がストップしてしまうので薄毛が促進されます。

 

血行不良だとAGAになりやすくなる?血行と薄毛について

 

また十分に栄養を摂取していたとしても、血行が悪いせいで毛包に栄養が届けられなければ、同様に髪は成長できなくなります。そのため血行不良は薄毛を引き起こすリスクファクターとなるのですね。

 

 

 

ですが、栄養が届かなくなるとしてもAGAには関係ないと思うかもしれません。確かに血行不良による栄養不足で、男性ホルモンが活性化することはありませんから、この点で言えば直接の関係はありません。

 

 

 

しかしAGAの原因となるジヒドロテストステロンは、毛乳頭の働きを低下させる作用を持っています。ジヒドロテストステロンのせいで働きが低下している上に、さらに栄養が不足したら、本当に髪は成長しなくなります。

 

 

 

ですので、間接的ではありますが血行不良はAGAのリスクファクターにもなり得ると言えるのです。

 

頭皮が血行不良になったとき

 

ただ手足の血行不良であれば冷たくなることで分かりますが、頭皮が血行不良になっているかを自分で判断するのは難しいですね。

 

 

 

自分で血行を確かめるには、頭皮の柔軟性をチェックするという方法があります。頭皮の生え際に、等間隔で10本の指を置き、前後左右に動かしてみましょう。

 

 

 

スムーズに動けば頭皮は柔らかいので血行が悪くなっている可能性は低いです。逆に、頭皮の動きが悪く、おでこや眉毛もまったく動かないという状態は頭皮が硬くなっています。

 

 

 

頭皮が硬いと血行も悪くなっていますから、頭皮マッサージなどで改善しておきましょう。血行は生活習慣の乱れや睡眠不足、ストレスなどで滞りやすいです。

 

 

 

特に仕事などで忙しい方は血行不良が慢性化しやすいので、ストレッチなどで血行を促進する習慣をつけておくといいですね。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療