女性もAGAになる?男性だけのトラブルではないのか

女性もAGAになる?男性だけのトラブルではないのか

女性もAGAになる?男性だけのトラブルではないのか

 

女性のAGA

 

男性ホルモンによって発症するAGAは、男性型脱毛症というだけに男性だけのトラブルと思われるかもしれません。

 

 

 

ですが、実は女性でもAGAになることがあり、女性の場合はAGAと区別できるようにFAGAと呼ばれています。なぜ男性ホルモンが原因のAGAが女性に発症するのか、女性の場合はどのような症状が起こるのかを見てみましょう。

 

 

 

男性ホルモンと聞くと、その名前のイメージから男性にしか存在しないホルモンと思ってしまいますね。ですが分泌量は少ないものの、女性にも男性ホルモンは分泌されています。

 

 

 

また、男性にも女性ホルモンは分泌されていて、それぞれに体の中で必要な働きを行っています。女性に存在する男性ホルモンは、男性に存在する男性ホルモンと同じように働きます。

 

 

 

テストステロンは筋肉を増強しますし、骨格を丈夫にして健康な体つくりをサポートしてくれます。ジヒドロテストステロンも例外ではなく、皮脂の分泌量を増やしたり、毛乳頭細胞の働きを低下させます。

 

 

 

抜け毛が起こるメカニズムは男性と同じですから、女性でもAGAになることがあるのですね。

 

女性がAGAを発症すると

 

ですが、女性がAGAを発症したとしても、男性のように前頭部が禿げ上がったり、頭頂部だけ薄毛になるという症状はほとんどありません。

 

 

 

女性のAGAというのは、髪の毛が全体的に薄くなって、地肌が透けるような症状が特徴的です。同じAGAなのに、このように男性と女性で症状が異なるのは女性ホルモンの影響です。

 

 

 

女性ホルモンのエストロゲンは、毛乳頭細胞の働きを活性化して分裂を促し、成長期を維持させる働きを持っています。また、髪に水分を蓄えることで健康な状態を保てるようにサポートしています。

 

 

 

女性は、男性ホルモンよりも女性ホルモンが分泌する量が多いので、男性ホルモンによる脱毛の症状を抑えることができるのですね。

 

女性もAGAになる?男性だけのトラブルではないのか

 

ただいくら女性ホルモンが働いたとしても、男性ホルモンの脱毛作用も働きます。その影響は髪全体に行き渡るので、前頭部や頭頂部など一部位ではなく、全体的に薄毛が広がる症状が発症します。

 

 

 

常に女性ホルモンの分泌が活発に行われていれば、女性のAGAが発症することはないでしょう。しかし残念ながら、女性ホルモンの分泌量は加齢とともに減少します。

 

 

 

これは、どの女性にも起こる自然現象で、30代後半からはその影響で更年期障害も起こるようになります。女性ホルモンの働きが弱まれば、その分男性ホルモンの働きが強くなってしまいます。

 

 

 

女性の薄毛は加齢が原因と言われますが、女性ホルモンが減ることでAGAを発症している可能性もあるのです。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療