AGAは遺伝するの?親類に薄毛の人が多いと要注意

AGAは遺伝するの?親類に薄毛の人が多いと要注意

AGAは遺伝するの?親類に薄毛の人が多いと要注意

 

AGAは遺伝するのか

 

よく薄毛は遺伝すると言われますが、普通の薄毛であれば遺伝することはありません。しかし、AGAの場合は遺伝が原因の一つになっています。

 

 

 

ですので、両親はもちろん親類に薄毛の人が多い場合は、まだAGAが発症していないとしても注意が必要です。

 

 

 

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と合わさり、ジヒドロテストステロンが作られることで発症します。

 

 

 

これだけ見ると、男性ホルモンの影響で発症しているので、遺伝は関係ないように思えるかもしれません。しかしAGAはただジヒドロテストステロンだけで発症するわけではないのです。

 

AGAは遺伝するの?親類に薄毛の人が多いと要注意

 

もっと細かく言うと、AGAには男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターの感受性が大きく関わっています。アンドロゲンレセプターはジヒドロテストステロンの受け皿となる受容体で、ここに結合することでジヒドロテストステロンが働きます。

 

 

 

感受性が強いと、髪の成長サイクルを乱す作用も強くなりますし、弱ければ薄毛になるほど成長サイクルが狂うことはありません。そして、この感受性の強度に遺伝が影響を与えているのです。

 

 

 

感受性の強さは自分で決まるものではなく、遺伝によって決まります。ですので、親族に感受性の強い人が多ければ、自分のアンドロゲンレセプターの感受性も強くなり、AGAの発症リスクが高くなるのです。

 

必ず遺伝するということではない

 

ただし、遺伝が原因の一つであっても、必ず遺伝するということではありません。遺伝子にはX染色体とY染色体がありますが、男性はXYの染色体、女性はXXの染色体という組み合わせで構成されます。

 

 

 

アンドロゲンレセプターの遺伝子はX染色体に存在していますが、X染色体の遺伝子は基本的には女性、つまり母親から引き継ぎます。

 

 

 

ですので、例えば父親がAGAであっても遺伝することはないのですね。ですが母方の親戚にAGAがいる場合は、アンドロゲンレセプターの強度を高める遺伝子を引き継いでいる可能性があります。

 

 

 

もし祖父母が薄毛だったり、母方の兄弟が薄毛の場合は遺伝によってAGAを発症するかもしれません。と言っても、AGAを発症している親戚がいるかどうかは、自分で判断するのは難しいですね。

 

 

 

そういった場合は、遺伝子検査によってAGAの発症リスクを調べられるので、不安な方は検査を受けてみるといいでしょう。どんな病気でも早期発見早期治療が重要ですが、AGAも例外ではありません。

 

 

 

発症前から対策をしておくことで、進行を予防したり防ぐことができますから、少しでも疑いがある場合は対策法を実践してみてください。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療