AGAを治せる薬に含まれているプロペシアという成分について

AGAを治せる薬に含まれているプロペシアという成分について

AGAを治せる薬に含まれているプロペシアという成分について

 

プロペシア

 

AGAが気になっている方や実際に発症している方なら、プロペシアという薬品名を必ず耳にしたことがあるでしょう。プロペシアは、AGA治療薬として世界で始めて認可された薬です。

 

 

 

ただ名前は聞いたことがあっても、どのような働きをするのか具体的なことは分からない、という方はどんな薬なのかチェックしましょう。

 

 

 

プロペシアの主成分はフィナステリドという成分です。フィナステリドは抗アンドロゲン薬で、もともとは前立腺がんや前立腺肥大症の治療に使われていました。

 

 

 

この成分を服用していた前立腺疾患の患者さんに薄毛の改善が見られたり、多毛症の症状が発症したことから、薄毛の治療薬としての開発が始まりました。

 

 

 

現在認可されているプロペシアは、前立腺疾患の治療薬よりもフィナステリドの含有量が抑えられています。

 

 

 

というのも、抗アンドロゲン作用が高いフィナステリドは、服用しすぎると正常に働く男性ホルモンにまで影響を与えてしまいます。そのため低用量にして、AGA治療に使える薬として開発されたのがプロペシアなのです。

 

プロペシアの効果

 

プロペシアがAGA治療に適しているのは、抗アンドロゲン作用があるからです。アンドロゲンというのは男性ホルモンの総称です。AGAは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞の働きを阻害することによって起こります。

 

 

 

ジヒドロテストステロンは、毛乳頭にある5αリダクターゼとテストステロンが結びつくことで作られる活性が強い男性ホルモンです。

 

 

 

プロペシアに含まれるフィナステリドは、テストステロンととてもよく似た分子構造を持っています。そのため、5αリダクターゼがフィナステリドをテストステロンと間違えて結びつきます。

 

 

 

フィナステリドはジヒドロテストステロンに変性しないので、結果的にジヒドロテストステロンの生成を防ぐ効果があるのです。

 

AGAを治せる薬に含まれているプロペシアという成分について

 

これがプロペシアの抗アンドロゲン作用です。AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成が抑えられれば、毛乳頭細胞の働きも正常に戻ります。

 

 

 

ですのでプロペシアにはAGAを改善する効果が期待できるのですね。ちなみに、プロペシアを使ったAGAの改善効果を調べる実験では、半数以上の人に改善が見られたという結果が出ています。

 

 

 

2年使用だと約70%、3年使用では約80%に改善が見られているので、AGAへの効果はかなり期待できる薬と言えます。ただし、プロペシアは女性の服用は絶対に厳禁とされています。

 

 

 

また未成年の摂取も推奨されていないので、AGA治療として使用する場合は必ず医師の指導に従いましょう。

 

 

 

AGA治療はここがおススメ!

 

・【業界最安値に挑戦!】月4,200円〜薬で手軽に治療を始められるものから、
  ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられる!
・全国規模の男性専門 薄毛治療病院  
 全国45院(提携院含む)転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる !
・多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%

 

 

・全国展開しているから通院しやすい!
・発毛実感!ガーデンクリニックのAGA検査!
・男性も女性も通いやすいと好評です

 

・安心の全額返金精度あり!
・治療範囲と期間に配慮した安心の価格設定  
・発毛成長因子による先進的AGA治療